FC2ブログ

「グリザイアの楽園」クリア!しっかり終わらせてくれてよかった(´∀`)

クリアしました!
いえ一昨日にはクリアしてたんですが、中々に忙しくて感想が書けずじまいでして(;´Д`)
今はサモンナイト5とレミニセンス並行してプレイ中。
最近ゲームしてると眠くなるのはなんでだろうか…寝転がってるのがいけないのかな?

まず感想に入る前ですが、グリザイアの楽園は単体では全くと言っていいほど楽しめません。
グリザイアの果実とグリザイアの迷宮をプレイしてないと意味がないと言っても過言ではありません。
まぁPCゲームのシリーズ物ってそういうものですけどね。

あんまりネタバレはしたくないのでざっくり書きますが、
果実は雄二がヒロインを救う話
迷宮は雄二の過去と次作への布石
楽園はヒロインと一姫が雄二を救う話
って感じだと思います。ちなみにここでいう「救う」っていうのは物理的精神的の両方です。
そして三部作を通して一番のポイントは、やっぱり「雄二が救われる」ことだったと思います。
主人公のための物語と言ってもいいかも知れませんね。

内容に関しては、プレイしている時は気にならなかったんですけど終わってみたら「スゲースケールだったな…」と思えるような感じでしょうかw国家レベルの話になってましたからね…
ツッコミ所は色々あったと思いますが、テンポも良く勢いもあったのでプレイ中は気にならないという不思議状態に陥ってましたよw

ちなみに楽園をプレイ中に何度か思ったことがあるんですが、「ヒロインのテンションがなんか変わってるような気がする」ということです。前作と性格が変わってる、ということは全然なかったんですが、なんというかより必死というか、一生懸命というか…。
まぁ雄二を助けるという目的があるからかな?なんて納得してたんですが、ヒロインの一人の幸の台詞で思わず「なるほど!」と思ったシーンがありまして。

2323232323.png

「…こんな時、風見さんが居てくれたら…〝やっぱ無理でした〝って、丸投げしちゃうんだけどなぁ…」

過去にトラウマがあり、そんな彼女たちを救った雄二はいわばヒーローのような存在。
しかも望めば助けてくれる、まさに精神的支柱とも言えます。
頼れる存在、助けてくれる存在がいない今、ヒロイン達が必死になるしかないのは当然でしたね。
この幸のシーンでそんなことを思いましたw

内容を解説するようなことはできないのですが、三部作を綺麗にまとめてくれて良かったというのが一番の感想。
伏線が多かっただけに、もしかしたらポイッと投げ出しちゃうんじゃないかとちょっとした不安もあったんですが、そんなことはなかったです。結構駆け足だったのはしょうがないですけど^^;

色々書きましたが、シリーズで楽しませてもらいました!
ホント、エロゲも侮れないですねw
当たり前ですがつまらないものはつまらない、面白いものは面白い!
これからも面白いゲームをたくさん出して欲しいですね!

o0320046012404028869.jpg

スタッフの皆さん、お疲れ様でした!

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。